ページトップへ

子供の教育にお金をかければ、親は幸せになれる

IMG_4726

夢とお金の専門家、シナジーブレインの安田 修です。

子を持つ親であれば必ず、教育とお金の問題に直面します。私は北海道の田舎育ちであり、私立校どころか塾にも行っていなかったのですが、周囲では私立の高校や中高一貫、小学校のお受験と様々な意見が飛び交います。そこで今回は、教育にかかるお金に関するデータを見ながら、教育に関する私の考え方を書いていきます。

公立と私立でかかるお金

文部科学省「子供の学習費調査(2012年度)」によれば、1年間にかかる学習費総額(いずれも最終学年、塾なや家庭教師の費用を含む)の平均は、小学校は公立で39万円、私立で155万円。中学校は公立で50万円、私立で120万円。高校は公立33万円、私立88万円となっています。

大学の教育費は、こちらは4年間のトータルで(同様に文部科学省のデータより)、国立243万円、私立文系386万円、私立理系519万円、私立医歯系2,281万円(!!6年間ですが)とのこと。公立から国立で現役合格した私は、なんて親孝行だったのでしょう。もっとも、最後は留年しましたが・・・。

とまあ、全て国公立でも一人800万円くらい、私立に行かせた場合は目もくらむような大金が、教育という美しい名目のもと、かかってくるわけですよ。このことを良く理解せずに、見栄を張って私立の小学校に行かせてしまうようなことがあれば、それは論外です。どこかで必ず息切れし、家計は崩壊することでしょう。

教育はパフォーマンスの良い投資である

若い頃、誰かに「最も割安に放置されている投資案件、それはあなた自身です」と言われて衝撃を受けたことがありますが、これは一利あります。株よりも、不動産よりも、自分に投資をするのが最も効率が良いことは事実でしょう。特に若いうちに勉強をすれば結果が伴う確率も高く、結局は金銭面でも報われますから。

ところが、子供が大きくなってくると悲しいかな、お父さんの将来は見えてきます。そうすると、「自分に投資するよりも、将来のある子供に教育投資をした方が良いよな」と思うようになるんです。他はどうかわかりませんが、私が所属していた金融業界ではこれは、割と一般的な考え方でした。

私立に入れたり、塾に通わせたりして一見とてつもない金額がかかるように思えますが、投資と考えたら悪くないかな、と。子供が良い所に就職できれば1千万や2千万はすぐに回収できるのだから、子供の幸せのために頑張ろうか、と考えるのです。何だか悲しいですが、合理的な考え方とも言えるかもしれません。

公立は荒れているので、私立に行かせたい

子供に中学受験をさせる理由として良くあるのは、公立の中学は荒れていて親としては心配なので、できれば私立に行かせたい、というものです。本人は「仲の良い友達も行くから、公立でも良いかな」と考えているのに、親として私立を推すケースも多いでしょう。

賛否両論あると思いますが、私は、少しは「荒れた」状態も世の中の縮図であり、中学くらいまではそういう環境を経験するのも長い目で見れば子供の人生にとって良い面もあると考えています。それでもあまりにも酷いところは避けたく、住む場所を選ぶことで比較的評判の良い中学校に入れるように工夫はしますが。

結局は、教育とは親の自己満足でしかない

教育にお金をかけるのは、親の自己満足の要素が大きいように思います。その判断において、子供の意志は必ずしも重視されません。もちろん小学生に判断させるのは無理ですが、少なくとも、構造としては子供に求められてお金をかけているわけではありません。親が、「子供のため」と言いながら勝手にやっているんです。

友達が塾に行くから、自分も行きたいというレベルの要求はあるでしょう。しかし、中学受験や私立への進学は、多分に親が自分たちの都合で決めていることです。できるだけのことをしてあげた、ということで親が自己満足するだけです。子供の教育にお金をかければ、「親が」幸せな気分になれるんです。

子供の人生を生きるのは親ではなく、子供本人である

結局のところ、例えば私立中学に行くか公立中学に行くかで子供の人生に致命的な影響はないと私は考えます。公立の環境で潰れないだけの逞しさは必要でしょうし、また勉強の嫌いな子にお金をかけて詰め込んだ教育をしても、大成はしないでしょう。少なくとも、誰でも私立に行った方が良いわけではありません。

ですから、わが家は今のところ私立の中学に行かせるつもりはありませんし、どこの大学が良いかと聞かれれば、行けるなら東大が良いよとアドバイスをするつもりです。お金をかけずに、公立から東大を目指せるくらいの能力のある子、本当に頭で勝負ができる子じゃないと、東大に入ってからの人生が辛いですから。

わが子が普通にやっていて、名門中学なり高校なりに入るだけの学力があるなら、その才能をお金を理由に潰すことは絶対にしません。そうではないのに、親の見栄や願望だけで子供を無理に引っ張り上げるような真似だけは、したくないなと思うのです。人生を切り開いていくのは、本人ですからね。それでは、また。

このエントリーをはてなブックマークに追加

(告知:メルマガへの登録はこちらから↓。ブログには書けない、「本当のこと」を配信しています)

banner_l_04