ページトップへ

宝くじには夢を見るな

夢とお金の専門家、シナジーブレインの安田 修です。

夢とお金と言えば宝くじですが(笑)、本日9月2日は宝くじの日らしいです。もし当たったら会社を辞める!なんてどきどきしながら売り場に並ぶサラリーマンの姿を見ると、いつも胸が痛みます。基本的には宝くじを買ったら、夢からはむしろ遠ざかるからです。

宝くじの仕組み

9月2日は宝くじ(9=く、2=じ)の日なので、「宝くじの日記念」宝くじというのが今日から発売されているらしいですね。昔は宝くじと言えば当たれば1億円というイメージがありましたが、宝くじの日記念は1等賞金3億円、何とかジャンボ宝くじなら1等は5億円なので、だいぶインフレしていますね。

宝くじ公式サイトによれば、「宝くじは、販売総額のうち、賞金や経費などを除いた約40%が収益金として、発売元の全国都道府県及び全指定都市へ納められ、高齢化少子化対策、防災対策、公園整備、教育及び社会福祉施設の建設改修などに使われています」とあります。

サイトをよく見ればわかりますが、賞金や経費を除いた金額のうち40%ではありません。販売額の実に40%が収益金です。で、それは宝くじ利権を持っている総務省管轄の事業に使われますと。震災復興などにも使われるようで、夢を買ったお金で社会貢献ができるというありがたい仕組みになっています。

宝くじの期待値

宝くじは株や生命保険よりもわかりやすい、れっきとしたギャンブルです。ギャンブルであればまず期待値を計算するのが、正当派ギャンブラーのたしなみ(?)というものです。実は前述のサイトを見れば宝くじの期待値は一目瞭然なのですが、練習ですから、ざっと計算してみましょう。

1等と前後賞を合わせて3億円が3本なので支払われる賞金は9億円、2等1千万円が10本で1億円、3等100万円が100本で1億円、・・・で足し合わせていくと賞金の総額は25億円になります。一方で、◯◯組の◯◯◯◯◯◯番(実質8桁)、と書いてあるので、1ユニットの組み合わせは1千万通りです。

宝くじの日記念は1枚500円なので、500円×1千万で50億円売り上げて、25億円を賞金として払い出すので、期待値は0.5ですね。つまり、300円の宝くじを買った瞬間に、その宝くじの「価値」は150円になります。その後で、運が良ければ150円より増えますし、悪ければ減るというバクチです。

この期待値は、宝くじの種類によっても若干変わりますが、どの回で試算をしても、0.5を上回ることは決してありません。競馬の期待値は0.75〜0.8ですから、宝くじを買うよりもお気に入りの馬に全てを委ねた方が「夢がある」ということが確率論からは言えそうです。

当たれば夢は叶うのか

よって、お金が欲しいのなら宝くじは買ってはいけないということになるのですが、より重大な問題として、宝くじで5億円を当てても、幸せにはなれないであろうことがあります。受け取る側に準備ができておらず、こぼれていくだろうことが容易に想像できるんですね。例外はあるかもしれませんが、一般論として。

そもそも「宝くじさえ当たれば会社を辞める」と言っている人に足りないものは、きっとお金ではないのだと、私は思います。5億円あったらできることは、おそらくは100万円しかなくても少しずつであれば始められることです。それを全くやっていないということは、何か別のものが不足しているのでしょうね、と。

宝くじを買うお金を自分に投資するべき

毎回宝くじを3千円ずつ買っていくなら、その3千円で何か自分に投資をするべきです。本を買って読むのでも良いですし、セミナーに出てみるのも良いでしょう。唯一、そういった自分への投資だけが「期待値」が1を超える行動と私は思います。投資額が3万円でも30万円でも、期待値が1を超えていればやって良い。

宝くじには、残念ながらその要素は全くありません。パチンコ、競馬、全てそうです。株や不動産も期待値が1を超えているかは微妙なところですが、勉強になるのでトータルで考えれば良いかもしれません。生命保険も期待値が1を切るギャンブルですが、安心感を評価するなら価値があるのかもしれません。

人生において何か行動をするときには常に、その期待値をざっくりと評価する習慣をつけると、人生の価値はいつの間にか大きく高まっていることでしょう。経営の判断であれば、なおのこと期待値の見積もりは大切です。資産運用だともう、直撃で重要です。全ての意思決定に期待値は関係していると思って下さい。

わかっていて買うなら

それでも、宝くじを見るとどうしても買ってしまうという人もいます。そんな人には、この記事ですら「宝くじの日記念宝くじが欲しい」と思わせてしまっただけでしょう。ならば、せめて枚数を絞って下さい。1枚とは言いませんが、せめて10枚を上限にして下さい。ちなみに私は一時期、「前後賞を逃すのが惜しい」と3枚だけ買っていました(笑)。

そのときでも、「3枚買って1500円だから、750円は税金で取られる。得られるワクワク感は本当にその750円を上回っているだろうか」と自問自答してから買って下さい。上回っているのであれば、その行動は合理的であり、誰からも非難されることはありませんから、どうぞご自由に。それでは、また。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

(告知:イベント情報はこちら↓。ワークショップ・フォーラム限定イベント開催予定。費用は宝くじ6〜10枚分です(笑))

banner_l_01