ページトップへ

ビジョンとキャッシュフローによる「全員経営」

561038e4e2bef7ce72e8aa1d4b18bbdb_s

夢とお金の専門家、シナジーブレインの安田 修です。

一人合宿をしていて突然、雷に打たれたように腹落ちした経営コンサルのコンセプトがこれ、ビジョンとキャッシュフローによる「全員経営」です。このことに気付けただけでも、今回の一人合宿は有意義であったと断言できます。今回の記事は私自身の頭の整理と、経営者の方に向けて書いた宣伝ですので、興味のない方は無視して下さい。

経営者が抱える「お悩み」

まず、弊社がコンサルティングの対象として想定するのは、従業員20〜30名程度の企業であり、業種は問いません。そういう企業の経営者の方が抱えているお悩みとしては、以下のようなものがあると考えます。

・利益は出ているが、お金の流れが見えない
・社員に危機感が感じられず、のんびりしている
・次に取り組むべき、ワクワクするビジョンが見えない
・ビジョンに基づく、具体的な戦略を立てたい
・会社としての営業力を伸ばしたい

業種を問わないのは、ビジョンとキャッシュフローという普遍的なものをコンサルティングの対象としているからです。そして我々は、ビジョンとキャッシュフローによる「全員経営」が、これらのお悩みを解決できると考えています。

弊社コンサルティングが取り扱う領域

大企業にあって中小企業にないもの、それは「経営企画・人事・財務」を担う組織だと思います。そしてこの3つは、大企業であればエース級の人材が配属される、経営を行う上では極めて重要な機能です。しかし、実態として中小企業では、営業や生産、総務といったところが優先され、これらの機能は後回しになります。

組織がなく、専属の担当者がいないので、社長や役員の頭の中だけでこれら重要事項は処理され、なんとか「こなして」いるというのが現状でしょう。これらの機能は、誰かに任せたいけれども、容易に任せることのできない重大事項、と言えるでしょう。

そこに対して、キャッシュフロー経営による財務機能、経営計画策定による経営企画機能、人事評価制度の構築による人事機能の一部を、組織や担当者が育つまでの当面の間、コンサルを使って手当てすれば良いのです。主として我々が担う役割は、これです。

その他にも、経営者・役員の方々に対するエグゼクティブ・コーチングや、各種会議への出席によるファシリテーション、研修・コーチングによるモチベーションの引き出しなど、コンサルティング・コーチングの技能を発揮し、「全員経営」の実現を目指します。

ビジョンとキャッシュフローによる全員経営とは

提供するサービスを概ね時系列に並べると、

  1. 財務分析とインタビュー、アンケート等により企業診断
  2. ビジョンを明確にし、ビジョンシートを作成
  3. キャッシュフローシートを作成
  4. 中期経営計画を策定
  5. コーチングや社内研修により、ビジョンとキャッシュフロー、経営計画を全社で共有化

という流れです。これらを1年間かけて、同時並行的に実施していきます。私が会社を訪れるのは月に一回、6時間であり、作業の委託を受けることはありませんが、実際にはかなりの時間を費やすことになるでしょう。

正直、1年間での取り組みとしては相当、欲張った内容です。1年間で全従業員のマインドを「やらされ仕事」から「自分のこと」「全員経営」に変えていくことを目標にしていますから、目線も高いです。なので、当面はフルサポートが可能な4社までしか契約をしません(将来的には増やしますが、当面)。

料金水準と契約のリスク

これだけの内容ですから、機能としては経営幹部クラスと言えるでしょう。その内容を、新入社員を一人雇うよりも低いコストで提供します。具体的には、16万2千円/月(税込・近隣旅費込)です。金額だけ言うと誰もが「高い」とおっしゃいますが、対面で内容を説明させて頂ければ、皆さんにご納得頂いています。

そうは言っても私にはコンサルとしての十分な実績はまだありませんから(だからこそこのサービス内容でこの価格に留まっているとご理解下さい)、1年間の契約と言うと不安もあることと推察します。従って契約は、前月末までに申し出ることにより双方からいつでも解除可能とさせて頂いています。

と文章でいくら書いても、一読して「じゃあお願いしようか」ということにはならないと思いますので、お気軽にメール等でご連絡下さい。財務諸表による企業の簡易診断等も今後、対応する予定です。

弊社ミッションとの整合性

弊社ミッションは「全ての人が自分の頭で考え、自由で好奇心あふれる世界を創る」です。これは、主に起業支援の方で実現するのかなと思っていました。しかし今回の合宿中、「経営コンサルティングを通してこのミッションを実現できる」ということに気が付いたのです。

すなわち、「やらされ仕事」を「自発的な仕事」に、「他人事」を「自分の事」に変えていく全員経営は、企業を改善すると同時に、そこで働く従業員の方々の人生を、「自分の頭で考え、自由で好奇心あふれる」ものに変えていくことができます。このことに気付いた事により、迷いはなくなりました。

今後は人生計画と同様、この「全員経営」の実現も、生涯をかけた仕事として続けていきます。いちいち理屈っぽいとお感じかもしれませんが、人が限界を超えて全力を出し切るためには、理念(ミッション・ビジョン)は非常に大切なのだと考えています。そういう世界を、創っていきたいと思います。それでは、また。

(告知:ご興味を持たれた方は、まずはメールマガジン↓にご登録下さい。完全無料です。)

banner_l_04