ページトップへ

いわゆる「ネットビジネス」で年1億円稼いでいる「成功者」は何をしているのか

夢とお金の専門家、シナジーブレインの安田 修です。

何度か広言している通り、弊社アフィリエイトを主な目的とした起業や「稼ぎ方」に関する情報商材の販売といういわゆる「ネットビジネス」を積極的には支援していません。ただ、弊社もオンラインワークショップを手がけるなど、部分的にネットビジネスであるとも言えるので、何が違うのかと感じる方もいるでしょう。

支援はしないのですが、そのノウハウは興味深いので常に調査はしています。今回はまず年間に1億円稼いでいるような「成功者」の手法がどのようなものであるかをざっとレビューしたあとに、何が「アウト」なのかを明確にしましょう。

1.転売、アフィリエイトなどで小銭を稼ぐ

ネットビジネスで年間1億円以上もの収入をあげる「成功者」も、最初は例外なく小さく始めています。ネットオークションを使ったりブログやメルマガを書いたりして、一回の販売もしくはワンクリック数百円、というところからです。マーケティングやコピーライティングを学んだり、ひたすら数をこなしたり。

誤解してはいけないのは、「努力なしに」「楽して」稼げるようになった「成功者」は、私のいる限りいないということです。軌道に乗ったあとは何もしなくても現状維持できるシステムを保有している人もいますが、そのシステムを作るのに膨大な手間をかけています。ここで、参入者の殆どが脱落することでしょう。

「成功者」は例外なく、めちゃくちゃストイックです。物欲なり成功への執着が強い人だけが、努力を積み重ねて生き残っているという印象があります。そういう意味では全然、甘い世界ではありません。ここは世間がもう少し、理解をしてあげても良いところなのではないかな、と思います。

2.裏技やネットワークを使って拡大する

というように猛烈な作業をこなして月に数万円〜十数万円稼げるようになったら、今度はそれを拡大させることを考えます。しかし作業量には限界がありますから、何か「工夫」が必要になります。ここで、サイトやブログ、メールアドレスやSNSのアカウントを大量に取得してコピーを乱造しては使い捨てたりします。裏技です。

広告主から見たら意味のないクリックを互いにしたり。アフィリエイトであれば、無料オファーといって動画や小冊子などの特典を無料でダウンロードさせてリストを取得するために、報酬を支払ってアフィリエイターの集団を動かしたりします。時にはリストの相互利用、名簿の売買に近いことも行われたりします。

一つには、この段階でサービス提供者の意に反した「裏技」を使ったり、迷惑メールを出してしまったりすることで彼らは名を落としていると思います。しかしこれだけなら、グレーではあっても違法とまでは言えません。モラルがあるとは言えませんが、逮捕まではされないとも言えるでしょう。

3.そのノウハウを情報商材として売り出す

で、月に数十万円稼げるようになった彼らが次にすることは、そのグレーな「裏技」を含むノウハウを、情報商材として売り出すことです。アフィリエイターとして商品を紹介する側から、彼らに商品を提供する側に回るわけです。情報そのものの良さもさることながら、ネットワークやブランディングが成功のカギです。

逆に、アフィリエイターの強固なネットワークを持ち、ブランドが立っている人であれば、情報商材の中身がイマイチでも売れてしまったりするわけです。「こんなの、本を2〜3冊買ってきて読んだら終わりじゃないか」というレベルの商材が、3万円とか5万円という値段で飛び交ったりします(するらしいです)。

この辺りから、期せずして相当ダークサイドに足を踏み入れてしまっています。とにかく出せば売れるので、内容が伴わず、「詐欺」とネット上で叩かれたりするようになってきます。

4.個別のコンサルなど、高額商品を販売する

で、情報商材で月100万円を超える収入を得て「成功者」となった彼らが最後に到達する境地がここ、個別コンサルです。「俺に付いてくれば成功できる」です。稼げる金額は数千万円以上ですので、コンサルも超高額になります。数十万円ならまだかわいい方で、300万円とか500万円とか。ホント羨ましい(違う)。

何ですが、さっきの情報商材もそうですが、こういうのに飛びつく人はほとんど、情報弱者でもあり「楽をして稼ぎたい」という人なんです。ところが、稼ぐためには最初にとんでもなくストイックな作業が待っているので、ほぼ例外なく挫折して、消えていくんですね。買った人の大部分は成功までは至りません。

そうすると「成功できなかった、詐欺だ」「いや言った通りやらなかったお前が悪い」と争いが発生します。ランディングページには「誰でも(ちゃんとやれば)稼げるようになる」という、また微妙な文言が書いてあったりします。もう、泥沼ですよね。でもはたから見て、正しいことをやっているという感じはしないです。

結局、何が「アウト」なのか

私が思うにいわゆる「ネットビジネス」の「成功者」は、突き抜けた努力ができるけれども、反面、グレーゾーンを平気で超えていく人が多いです。で、同じことをやればおそらく成功しますよというノウハウは嘘ではないので、それを買った人が成功できないのはその人がダメだから、以上。という突き放した思考が特徴です。

非常にロジカルで、明らかな法律違反はしないのですが、法律に穴があるなら躊躇なく突くのが当たり前でしょ、っていう。それを批判してくる世間の意味がわからない、どうでもいいやという。その「周りからどう思われても、稼ぐことができることが正義、気にしない」という超越した態度が、「アウト」なのでしょう。

で、こうやって見ていくと、私自身もそういう資質を結構持っているなと思うわけです(笑)。これって、もしかしたら経営者の資質なのかもしれません。誤解を恐れずに言えば、サラリーマンとして満足して生きている人よりは、ネットビジネスで「成功者」として君臨している人の方が、自分に近いと感じます。今後のビジネスの展開でダークサイドに堕ちないよう、重々、気を付けないといけませんね。それでは、また。

(告知:小冊子「夢とお金の『人生計画書』で あなたの人生が劇的に変わる!」を無料で差し上げます。これなんかも、極めてネットビジネス的な手法なんですよね・・・)

banner_l_02