ページトップへ

人生計画フォーラム説明会、始まります!

人生計画であなたの夢を目標に変えて実現する、シナジーブレインの安田修です。

ついに人生計画フォーラムの説明会が始まります。今回はイベントページも気合いを入れて作ったので、とにかくこれをご一読下さい。既に入会してメンバーとなって頂いている方も、私の思いがまとまっていますので、必ず目を通して下さいね。

 

現状と次のステージ

思えば私が人生計画フォーラムを立ち上げたのは去年です。起業をした年に作ったくらいですから、コミュニティの重要性には最初から非常に注目してきました。最初は私のコンサル・コーチの「本業」を安定させるための仕組み、という認識でしたが、今ではこっちが本業になりました。

それくらい、コミュニティは可能性に溢れていますし、面白いです。考えていることを相対してきちんと説明をすれば、まじめにビジネスをやっていこうという人には大抵、理解してもらえます。今まではそうやって少しずつ人数を増やしてきました。1年で47人を多いと見るか少ないと見るかは意見が分かれるところでしょう。

しかし、今集まってくれている47人は極めて質が高いメンバーです。誰一人とっても一軍の将、高い専門性を持ち、コミュニティのリーダーとして人を集められる人ばかりです。人は何と言うかわかりませんが、私自身はそのことを知っているので、「かなり良いところまで来たなあ」というのが現時点での率直な感想です。

そして、お金と手間ひまをかけてきちんとしたイベントページを作り、これから半永久的に毎月2回、本気で説明会をやっていきます。私が自分でできる仲間を増やす取組としては、完成と言っても良い状態にようやく、たどりつきました。これからは、全てのリソースをここに集約させていきます。

2020年までに1,000人にする意味

人生計画フォーラムは、2020年までに1,000人になります。もっと言えば、2030年までに10万人になります。最近ではメンバーの方からも「そんなに人数を増やす必要はないのではないか」というご意見も頂くようになりました。確かに今の50人くらい、せいぜい100人くらいが仲良くやるには心地よいでしょうしね。

しかし私は、徹底して人数には拘り続けます。それは、お金儲けがしたいわけではないんです。正直、ビジネスとして考えれば200〜300人くらいが一番効率が良いのもわかっています。しかし、空中分解のリスクを取ってでも10万人を目指すことで、見えてくる世界があると思うんですね。1,000人は単なる通過点です。

端的に言えば、10万人になれば「夢を目標に変えて実現する」ことが当たり前の社会になります。ちょっとだけ、「自由で好奇心に溢れる世界」に世の中が変わると思うんです。ただ耐えるだけしかなかったサラリーマンの人生に、「自分で稼ぐ」という選択肢が当然に存在するようになる。これが、私の夢なんです。

今年中に100人にするために

そしてその目標を達成するために逆算して、まずは今年中に会員を100人にします。必要な新規入会者数は54人、残り日数は100日を切りました。2日に1人、参加してくれたとしても間に合わないという過酷なペース。それでも、ここでやっておかないといけません。今年中に100人は必須なんです。

仕組みはできましたから、100人になったあと300人にしたり、1,000人にするのはそんなに難しくないと感じるんです。私のイメージが正しければ、人が人を呼ぶようになりますから。時間が無限にあれば、いずれ10万人になるでしょう。10万人でも耐えられるシステムの構想も頭の中にあります。

でも最初の100人を集めるのは、1対1の体力勝負が基本です。説明会をやるといっても8名限定ですし、そもそもその説明会に来て頂くのもまだまだ全自動のシステムにはなっておらず、動き回る必要があります。そうやって全力で動けるのは、せいぜいあと10年だろうと思っているんです。だから、今やる必要があります。

お願いしたいこと

9月は交流会に行きまくり、これからはランチキャンペーンもやります。自分一人で54人を集めるつもりで本気でやっています。それでも実を言えば、本当に自分一人だけでやったら到底100人には届かないのかもしれないと感じています。私には、お会いした人をことごとく動かしてしまうだけの魅力や交渉力もないですしね。

なのでこれを読んで頂いている方、「良くわからないけど月3千円くらいなら、人生計画フォーラムに入ってやるか」と考えて頂ければ最高です(損はさせません)し、そこまでいかなくてもこれから本気で開催する説明会に参加頂くか、興味のありそうなお知り合いにこのイベントページや私のメルマガをご紹介下さい。

ただ各回8名限定なので、「入るつもりは全くないけど応援で説明会だけ行ってやろう」というのはすみません、ちょっと困ります。でも少しでも興味があるのであれば、説明会にお越し頂ければ嬉しいです。誠心誠意、ご説明をさせて頂きますので、それを踏まえてご判断頂ければ結構です。それでは、また。