ページトップへ

メルマガって、やらないといけませんか?

人生計画であなたの夢を目標に変えて実現する、シナジーブレインの安田修です。

これ、非常に良く聞かれることなんですけど、「メルマガは大変だけど、やらないといけないか」「ブログは書かないといけないか」。集客できるブログブランチ定例会などにわざわざいらっしゃってそんな質問をするということは「やるべきです。やって下さい!今すぐやれ!」と言って欲しいのかなと想像しますが・・・。

そもそも、何のために書くのか

私はブログもメルマガも全ては集客のためにあると思っているので、集客をする必要がない人は書かなくても良いです。SNSで知ってもらい、ブログを読んでもらい、小冊子をダウンロードしてステップメールからメルマガを購読してもらい、ある程度親近感を持ってもらったらイベントに来て頂く。

これが「集客のじょうご」です。もちろんそれぞれ次のステージに進むのは100人に1人とかなので、全ては確率論です。1万人ブログを読んだら、メルマガに登録するのは100人で、そのうちイベントに参加してくれるのは1人だと。実際にはこれが1%なのか5%なのか、そういうことを試行錯誤するわけです。

個人的には、ブログとメルマガを中心とした集客のじょうごが一番安定していると思います。新しいSNSや、逆に古き良き紙媒体などの様々な選択肢はありますが、費用対効果を考えると今でも、ブログとメルマガが最強だと思います。もちろんもっと良いものがあれば乗り換えますが、まだ見つかっていません。

もちろんメルマガをやらなくても良い

集客をする必要がある人でも、「紹介で捌ききれないくらいの仕事が来てしまう」とか、「交流会に行くのが好きで、行けば必ず仕事は取れる」という人ならブログ・メルマガを使わないということも可能でしょう。私はどちらも該当しないので、仕方なく地道に文章を書いているということかもしれません。

ちなみに私は最近、キャンペーン的に交流会に行きまくっています。確かに良い人と出会える(そうでない人も多いのですが)し、意気投合した人とランチに行ったりするとその後のビジネスにも繋がることがあります。一見、これは集客のじょうごよりも効率が良いように見えたとしても仕方ないな、なんて思っています。

一見というのは、これ、効果が短期的なんですよ。効果が積み重なっていかない。狩猟的と言っても良いでしょうか、交流会中心の集客だと、刈り取ったら次にいくというように、いつまでも走り続けないといけないんです。紹介でとりあえず回っている人も、これがいつ無くなるかという不安に震えていることが多いです。

理想の集客とは

私が考える理想の集客は「交流会なんか行かずに、紹介にも頼らずに、理想の集客のじょうごを作り上げる」ということではないんです。むしろ「交流会も行き、紹介も貰いつつ、集客のじょうごを作り上げる」ということです。紙媒体も広告も、飛び道具も含めてあらゆる手法を使って全力で集客するのが理想だと思います。

だって、ビジネスをするということは、集客をするということとニアリーイコールですから。集客に関係することで、やらない方が良いことなんてほとんど無いと思うんです。得意不得意はありますから資源の割り振りは考えるべきですが、当たり前ですけどやれることは全部、やった方が良いと思いますよ。

強固な仕組み、システムがあるからこそリアルで会った人との繋がりを逃がさないということができるようになります。なので私は交流会が苦手なので、名刺交換から「じょうご」に繋げるための仕組みを作って、徹底しています。あんまり言うと、お会いした人に対して失礼というか、感じが悪いですかね。

話がすれ違う理由

とここまで書いて、そもそもなぜ「メルマガってやらないといけませんか?」という質問が出るのだろうというところに立ち戻ります。本気で人を集めようと思ったら、やらないという選択肢はありません。あまり、そのことについて有力な反論もないと思うんですよね。ということは、この質問は何なのでしょうか。

つまり、本質的にはこれは「そこまで本気でビジネスをしないといけませんか?」という質問なのかなと思います。確かに他に収入があってそんなに稼がなくていいなら、メルマガなんてやらなくても良いでしょう。本気になるのがまだ先なのだということなら、そのときにメルマガも始めたら良いのではないでしょうか。

こういう、相談をしている方の「人生のステージ」を理解しないで「理想」だけを語っても、アドバイスが空回りしてしまうように感じています。ビジネスを伸ばすということがその人にとってどういう意味があるのか、それとも意味がないのか、理解するのが先なんですね。

人生の目的を明確にせよ

結局、あらゆる相談は人生計画に通じるんです。あなたがどんな子供だったか、その結果どんな価値観を持っているか。30年後にどうあれば幸せであり、そのために10年後は、5年後は、今やるべきことは何だと考えていて、お金の状況はどうなっているか。行動計画は腹落ちしているか。これが人生計画です。

メルマガをやるべきかどうかという質問にすら、一般論ではなくて正しく答えるためには、その人の人生計画を正しく理解していないといけないんだなと思います。もっと言えば、人生計画さえきちんと作られていれば、こんな質問は出てこないということなんですね。つまりは急がば回れで、これが最短ルートなんです。

これからは人生計画が提唱する「長期的な人生価値の最大化」ということを理解してくれる人にだけ、私の時間は提供していきたいなと、そういう風に思います。人生は一度きり、時間をムダにはできないですからね。どうやら、結論としては値上げですね(笑)。それでは、また。