ページトップへ

「夢があるようじゃ人生終わり」なのか

夢とお金の専門家、シナジーブレインの安田 修です。

タモリ(以下タモさん)が深夜番組(ヨルタモリ)で「夢があるようじゃ人間終わりだね」などの持論を展開。木村拓哉(以下キムタク)が反論するなどして、ちょっと話題になっています。価値観は人それぞれというのが結論でしょうが、私は夢とお金の専門家なので、これについて考えてみます。

タモさんの発言

私は普段あまりテレビを見ないのですが、5月11日の「ヨルタモリ」はたまたまリアルタイムで見ていましたSMAPの草なぎ君を相手に、「ジャズな生き方」の話をしていました。タモさんはジャズ喫茶のマスターに扮していたので、「キャラ作り」の面はあったと思われますが、その大部分は持論でしょう。

夢が必要みたいに言われるのがどうなのかな、という草なぎ君に対してタモさんが、「向上心がある人は、今日が明日のためにある人。向上心がない人は、今日が今日のためにある人。向上心=邪念ってことだよね」と説明した上で、

「夢の達成される前の期間は、まったく意味のないつまんない期間になる」

「夢があるようじゃ人間終わりだね」

「実際に“夢”をかなえた人は、ただ好きなことを楽しく続けていただけだ」

「愛と夢と友達を言うヤツを俺は信用しない」

などと発言。キムタクが「ないなあ・・・」と反論したことも含め、ネット上では様々な反応が飛び交っているという次第です。それらの反応は本筋から外れるので、ここで詳しく取り上げることはしません。

今日が明日のためにあるという弊害

一番、感心したのは、「(夢や)向上心がある人は、今日が明日のためにある人」という部分です。これは日々、感じます。素晴らしい未来のために、現在を犠牲にする。我慢して、努力して、投資をする。そうしていると、確かに複利効果で得られる果実は日に日に大きくなるのですが、いつまでも幸せになれない気がする。

そうこうしているうちに、ある日ころっと死んでしまったりしたら、その人生ってどうなんだろうなあと。人生の意味や夢など考え過ぎずに、日々を楽しんでいる人には幸せという意味では敵わないのではないかと思う時もあるんです。まあそれでも、一度夢を追うことを知ってしまえば、もはやそういう生き方ができないんですよね。

愛と夢と友達を言うヤツを信用するな

私自身、そういう夢が持つ「魔力」については懐疑的でした。これは危険なものだと。20代くらいまでは、本当に「夢なんて言うヤツは信用するな」と思っていました(笑)。夢なんて現状からの逃避だし、人を酔わせる口先だけの撒き餌だし、詐欺まがいの金儲けの道具じゃないかと。

人生というのはもっと地道なもので、地に足を付けて努力をすることでしか幸せになれないのではないか。そんな風に考えていました。今でも、この考え方はベースにあります。夢を追うことで、地面から足が離れたらきっと、転ぶと思っています。夢とは、努力から逃げるための免罪符ではないんです。

実際、愛や夢や友達(加えて、成功や大金や美やモテなどなど)というキーワードを掲げ、詐欺まがいの商売をしている人はいくらでもいます。はっきり言って胡散臭い業界です。だからこそ、信頼ができ、真っ当にそれに取り組む人が求められていると考えています。

夢を持つ意味

私は今は、夢は持った方が良いと考えています。それでは、夢を持つ意味とはなんでしょうか。それは、努力の方向性を定めるための指針を持つためだと思います。

もちろんタモさんが仰る通り、目の前のことをただ好きになり、必死にやることは大切です。それで天職に巡り会うことができ、大成功してしまう幸運な人もいるんです。タモさんなんかはその典型でしょう。芸能界にはそういう人が多いかもしれませんね。

しかし、一般的にはそうではないんです。ただ一所懸命努力をするだけでは、自分がどうしようもなく流されていくように感じることもある。全てのことに意味を見出し、努力を続けることにはとてつもないエネルギーが必要で、エネルギー切れを起こしてしまうことも多いんです。

だから、自分が向かいたい方向や仮のゴール(通過点)を定め、そこに近づいているか、遠ざかっているかをチェックするための夢や目標は、必要なのだと思います。

夢を持った方が良い人、持たない方が良い人

それでも、意味なんてわからなくても努力を続けられる人は良い。そして、今際の際に「良くわからなかったけど、それなりに良い人生だった」と思えればそれで良いんです。冗談でも何でもなく、死に臨む時、自分の人生に納得できるかどうか、それが全てだと私は考えています。

少なくとも私は、一度しかない人生は自分の頭で考えて生きてみたい。夢を持ち、目標を定め、それに向かって全力で努力をしてみたい。夢が叶うかどうかは、どっちでも良いんです。それはもちろん、叶うと素晴らしいですけど、叶わなくてもそれに挑戦しなかった人生よりは遥かに良い。

そう考えられるかどうか。そんな風に考えなくても幸せと感じられるならそれも良しです。結局は、その人の持つ価値観次第ですという結論にやっぱりなりますね(笑)。それでは、また。