ページトップへ

20万字を書くことによって変わるもの

夢とお金の専門家、シナジーブレインの安田 修です。

会社を辞めて起業をしてから、これがブログ第100号記事なので、記念にちょっとだけ振り返ってみようかという気分になりました。基本は毎日、毎回2千字以上を書くということで、3ヶ月で20万文字以上、書いた計算になりますね。それだけ書くと、やはり見えてくるものもあります。

習慣化すると、2千字は苦にならない

ブログは毎日2千文字を書くと良いですよ、と言った時の相手の方の通常の反応は「できるわけがない」です。3時間くらいかかると感じる方が多いようです。もちろん、向き不向きがあることは否定しませんが、ネタさえ思い付けば、慣れれば1時間もかからずに書き上げられます

むしろ毎日2千字書いて、ユーザーの方からの反応を体感する生活を続けていると、書かないと落ち着かない状態になります。歯磨きやスポーツジムと同じですね。とりあえず記事を書いてアップするとほっとして、「さあ、そろそろ今日の仕事にとりかかろうか」という感じです。

文字は、積み重なると感じる

2千文字を毎日書く理由は、主にロングテールSEOといって検索対策なのですが、その効果は、やはり100記事くらいで明確に感じられるようになります。逆に、最初の10〜20記事は全く反応が無いので、辛いです。大抵のブロガーはここで挫折しますから、自然とライバルが減ると考えて、頑張りましょう。

新しい記事には当然アクセスは集中するのですが、その一方で、凄く前の記事が結構検索されて読まれています。効果は少しずつではありますが、積み重なる感じですね。まさに、ロングテールSEO。中には、「なんだこれ」というキーワードで検索をかけてくる人もいます。「年金生活で勝ち組」とか(笑)。

積み重なると言えば、タイトルを捻ったりして注目を集めるなどのテクニカルな方法を含めて、やはり積み重ねると技術面も向上します。何より文字を書く能力そのものが高まるので、メルマガを週2回にしてみようかな、とかコンサル契約に議事録をサービスしようかな、と前向きな発想が出やすくなります。

「バズ」と「炎上」を超えて

明確な定義はありませんが、1記事で1万PVを超えれば、バズっているか炎上しているかのどちらかでしょう。そしてその境目は、驚くほど曖昧です。通常は「賛否両論あって、盛り上がっている」という状態です。賛成意見だけで「バズ」が起こるのは、よほど感動的なエピソードでも無い限り、考えにくいと思います。

感動秘話ではなく、何か意見を述べるのであれば批判を受けることは覚悟しなくてはなりません。わかっていても、人格攻撃的な辛辣コメントが付くとそれなりに傷つくのですが、それでもそのコメント(シェア、Pick)によって記事は拡散されるのであり、その先には本当のターゲットである想定読者がいるかもしれない。

そう考えると、多少の批判は、「炎上上等」なんですよね。感覚として、100のコメントの内10や20が批判でも、同じ数だけ「刺さった」人がいれば、理屈の上ではどうということはありません。できれば、賛成30に対して批判10くらいであって欲しいですけどね(笑)。

堀江さんが良く「炎上上等」と仰るのは、「わざわざ批判して記事を拡散してくれて、ありがとう」ということでしょう。書き手は2千文字に、字数制限から断腸の思いで単純化・捨象して思いを纏めているのであり、それをろくに読みもしないで批判する人には、「ありがとう」と思えば良いか、という達観に至ります。

人は結構、ブログを読んでいる

驚くのは、お会いする方々が結構ブログを読んでくれていて、書いた本人が忘れているようなことが刺さっていたりすることです。恐らく最初は好奇心や、怖いもの見たさで読んでいた人の中にも、私の考え方に共鳴してくれている方々が出つつあります。久しぶりにお会いした方と、いきなり「人生」の話になったりします。

文章というのは、音楽と同様に影響力のある媒体だと思うのですが、例えば私のこの文章を千人の人が読んでくれて、その千人がほんのちょっとずつ影響を受けたとすると、これは「世界をちょっとだけ変えた」ということなのではないかと思うわけです。まあちょっと大袈裟ですが、あながち間違いでもないかと。

書かずに考えたことは役に立たない

人に話すとき、一度ブログに纏めた考え方は、凄く説明しやすくなっていることに気付きます。2千文字だと4〜5段落に400文字ずつなのですが、その4〜5段落のタイトルを順番に話すだけで、伝えるためのロジックになっている。頭の中が、すっきり整理される感じです。

なので、特に士業などのビジネスをされている方には、ブログを書くことは本当にお勧めできます。しばらくは2千文字を、毎日書くと良いでしょう。世界をちょっとだけ、変えることができますし。とは言え私もそろそろさすがにネタも尽きてきて、少しペースを落としても良いかなと思い始めてはいますが。それでは、また。

このエントリーをはてなブックマークに追加