ページトップへ

FacebookとTwitterアカウントの育て方

夢とお金の専門家。シナジーブレイン、安田 修です。

ネット集客を、特に匿名でしようと思った場合、FacebookやTwitterのアカウントを「育てる」必要があります。フォロワーや友達を増やす方法について、やっているうちにノウハウが溜まったので、纏めておきます。

Facebookの「友達」を5,000人にする

まずは「友達●人!」を謳ったグループに所属して、そこのメンバーに声をかけまくります。事前のメッセージは不要です。ある程度友達が増えたら、「知り合いかも」の名前のところに「共通の友達50人」とか表示されるので、そういう人にはもう片っ端から友達申請をします。

1,000人には割とすぐに到達しますが、それから先がなかなか難しい。「本当に知り合いですか?」というワーニングが出るようになって、それを無視して友達申請をしているとおもむろにアカウントがロックされます。ロックされると、友達申請ができなくなり、友達以外にメッセージを送ることもできなくなります。

なので、ワーニングが出たら、その日は友達申請をするのを止めましょう。ワーニングを「冷ます」という感覚です。1回目のロックでは1日、2回目のロックでは2日、3回目のロックでは4日、・・・最終的には1ヶ月というように、ペナルティ期間は徐々に長くなっていきます。

で、友達申請の限界が見えたら次は何をするか。友達募集系のグループにいくつか所属し、自己紹介を書いた書き込みをマルチポストしてみます。文章に、かわいい動物の写真を付けてみたりします。それで様子を見ると、ぱらぱらと友達申請が来ます。

しかし、投稿を数多く貼付けても、実際に友達申請がくるのは5件くらいです。これはなかなか効率が悪いですね。まあそれでも永遠にこれを繰り返せば、理論的にはいつかは友達が5,000人に達しますが、ちょっとそこまで精神が保ちません。

ハイブリッド戦略(笑)

ではどうするか、答えは大体もう見えています。それは、今まで試した2つの戦略(というほどのことではありませんが)のハイブリッドです。すなわち、グループを巡回し、「誰からの申請でも受けます!友達申請お願いします!」というメッセージを投稿している人に絞って友達申請を行うというものです。

アカウントがなぜロックされるかというと、「友達●人!」というグループに参加している人でも、匿名の人からの申請は「知らない人です」と拒否する人が相当数いるからなんですね。であれば、本当に誰からの申請でも受けてくれそうな人に限定して、狙い澄まして申請をすれば良い。友達上限の5,000人達成も時間の問題です。

5,000人になったら、言語が日本語ではない人を外すなどして、クオリティを高めていきます。あと、小技としては、「実際に友達ですか」の警告が出たらその友達申請はキャンセルすること。できれば顔写真には風景や動物ではなく、写真か、少なくとも似顔絵を使うこと、です。 写真も、爽やかな笑顔が望ましいですね。

追伸:Facebook上で美人の写真を公開している女性は、その多くが出会い系のサクラ(ネカマ)アカウントです。見分け方は簡単で、聞いてもいないのにLINEのIDを書いているのが全部そうです。世の中、そんなに良い話はありませんね。個別のサイトに誘導され、そこで課金されるそうですよ。お気を付けて!

Twitterのフォロワーを10,000人にする

「twitterを集客ツールとして使う」には、「自らの事業と属性タイプの合っているフォロワーを」「大勢獲得すること」が重要になるわけです。botや相互フォロー専用のアカウントを何人フォロワーにしたところで、それらのアカウントはホームページを見たりモノを買ったりしてくれないので、本来的には意味が無いのです。

ところが、です。実は最初は相互フォローのbotアカウントをフォローしていくのが一番効率が良いのです。というのは、フォロワー数を増やすには問題が二つあるからです。「フォロー可能数の上限」と「アカウントの凍結」です。

フォロー可能数は、「2001人かフォロワー数×1.1のどちらか大きい方」と決まっています。フォロワー数が少ない人は、2001人までしかフォローできないんですね。ということは、片思いの人を多く抱えていると、すぐに行き詰まってしまうんです。

アカウントの凍結は、「多くのフォロー・アンフォローを一気に行う」「アフィリエイト等の外部リンクがついた発言ばかりする」「複数の人からブロックされる」等で、何の前触れも無く起こります。凍結も1度や2度なら、サイトにアクセスをして手続きをすれば解除されますが、そのうちにアカウントを削除されてしまいます。

以上の2つの問題があるので、気になるアカウントを片っ端からフォローするわけにもいかないんです。

まずはフォロワー2,000人

フォロワー数が2000人を超えると、多少無理をしてもアカウントが凍結されることは減りますから、フォロワー数増加に加速が付きます。ですから、まずは数を稼ぎましょう。それで凍結耐性ができたら、今度は属性の合ったアカウントを狙い撃っていけば良いのです。

では、どうやってフォロワー数を2,000人まで増やすかというと、大きくは3つです。

1.「相互フォロー支援」を謳っているサイトを1日10件程度ずつ、フォローする。
⇒最初は、一気に30〜40フォローしてしまうと、凍結される可能性が高いです。間隔を空けるのも有効です。

2.フォローチェック等のツールを活用する。
⇒片思いされているアカウントを一括でフォローしたり、片思いが続いているアカウントのフォローを外したり。おすすめのアカウントや誰かのフォロワーを根こそぎフォローすることも可能です。

3.Botbird等のbot生成ツールで、自動的につぶやくように設定する。
⇒botにランダムな発言をさせておいて、たまに相互リンク募集やホームページへのリンクを貼ります。#sougofollow 等のタグを貼った発言をするなどして積極的に相互フォローを募集するのも良いですね。

フォロワー1万人ともなればそれぞれとの個別の繋がりではなく、マスでものを考えるようにならざるを得ません。1万人の仲の数%が反応を示し、その更に数%が顧客となる。あなたがお友達と情報を交換するために使っているtwitterとは、これは別のモノとお考え下さい。

私たちは普段、消費者として行動をしていますが、たまには反対側(ビジネス側)から世の中を眺めてみるのも、なかなか面白いものですよ。それでは、また。banner_l_03